開局日カレンダー

  • 今月(2017年6月)
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30  
    翌月(2017年7月)
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31          
    (      発送業務休日)

シャーベ <いちご>二人分(180g)

夏の暑いときには、やはり冷たい飲み物がほしくなりますよね!個人的にはお酒が飲めないので、キンキンに冷えたビールというものにはまったくひかれないのですが(苦笑)、冷たいジュースとか炭酸飲料なんてのは、暑い時期には欠かせません。

 

でも、冷たい飲み物だけだと、ちょっと物足りなく感じる時がありますよね。そんな時にこの「シャーベ」が冷凍庫に冷えていたら…。暑い夏の午後も、至福のひと時になるかもしれません。

 

パッケージはこんな感じ。しっかりとした箱に入っています。

 

sherbet

 

開けてみますと、袋が2つ。

 

sherbet--02

sherbet3

 

これを冷凍庫に入れて冷やします。パッケージの裏側には作り方が書かれていて、そこには冷凍の目安「3時間以上」と書かれています。

 

sherbet1

 

栄養成分表示はこんな感じ。1人分(90g)が89kcalと書かれています。

 

sherbet2

 

早速冷凍庫で3時間以上冷やします。取り出してきたところ、結構しっかり固まっていますが、まずはこれをほぐします。

 

sherbet4

 

いい感じにほぐれてきたので開けてみます。中身もいい感じに見えますね!

 

sherbet5

 

これをコップに開けます。

 

sherbet6

 

ごろんとしています。

 

sherbet7

 

そこに牛乳を90cc入れるのですが、計量カップがあればもちろんそれを使って測ればいいのですが、ない場合はこのシャーベの空の容器でおおよそ90ccを測り取ることができるようになっています。

 

sherbet8

 

せっかくですので、そこに牛乳を入れてみます。90ccといえば、大体このくらいかな?というあたり。

 

sherbet9

 

そして先ほどのシャーベの上に牛乳を加えます。

 

sherbet10

 

この時点で注意!シャーベを美味しく作るコツは、「半分ずつ牛乳を加える」ということに尽きます。もちろん、作り方の部分にも書いてありますので、よく読んで、半分ずつ入れてください。この段階でしっかりとシャーベをほぐして牛乳と混ぜます。

 

sherbet11

 

入れたばっかりの時はこんな感じで、シャーベが固まっています。スプーンやフォークで混ぜれば、しっかり混ざります。硬めのストローでもいけるかも。

 

sherbet12

 

そこに残り半分の牛乳を入れ、均一に混ぜたら出来上がりです。

 

sherbet--03

 

氷がまだ残っていて、いわゆるシェイクのような口当たり。イチゴのほのかな酸っぱさと牛乳のコクが相まって、とても幸せな気分になれます。

 

最初に作った時は、実は牛乳を半分ずつ入れず、一度に全部入れてしまいました。するとどうなるのかと言いますと、「冷たいイチゴ牛乳」になってしまうのです。半分ずつ入れることで、シェイクのような細かい氷の食感が楽しめます。

 

もちろん、お好みで「イチゴ牛乳がいい!」と言うのであれば、一度に全部入れてもいいですが、ここはやはり半分ずつ入れることを強く推奨します。

シャーベ <いちご>二人分(180g)のご購入はこちらからどうぞ

  • 販売価格(税込):  ¥194
  • 在庫状態:  売切れ
売切れ